CLARETECH TECHNICAL BLOG クレアテック技術ブログ

戻る

midas GTS よろず相談… Vol.13

GTS Tips 2012.09.27
 下記に示すメッシュは、円筒形の立体に上と横から円筒形の穴をあけたメッシュです。このような特殊な形状を正確に作成しなければならない場合、「ブーリアン演算」という機能が大変役に立ちます。今回はこのような形状作成に使用する機能をご紹介いたします。
①穴をあける前の形状、抜く穴の形状を、「ソリッド」の中にある形状作成機能を利用して作成します。この場合は一番左の「シリンダー」が便利です。 ②ジオメトリ→ブーリアン演算→差と指定します。
③基本シェーブを大きい円筒、ツールシェーブを横向きの円筒とし、適用をクリックします。この時ツールシェーブを削除する、しないの選択できます。 ④横向きの穴が作成されます。 ⑤次いで、基本シェーブを大きい円筒、ツールシェーブを縦向きの小さい円筒とします。 ⑥縦向きの穴が作成されます。 ⑦ここでは「差」を利用しましたが、ブーリアン演算には他に「和」および「積」があります。「和」を利用した例を下記に示します。ツールシェーブは複数選択できます。 ⑧「積」を利用した例です。 ⑨サーフェスを対象としたものでは「フェイスの縫合」と「サーフェスの和」があります。「フェイスの縫合」は、フェイスが接している場合に使用します。「サーフェスの和」はフェイスが重なっている場合に使用します。 ⑩「フェイスの縫合」の実行結果を示します。 ⑪縫合にはフェイスからソリッドを作成するオプションもあります。 ⑫「サーフェスの和」の実行結果を示します。 ⑬サーフェスの和を、3Dモデルで使用した例を示します。

構造物・地盤解析サービス

建設関連調査・分析