MESSAGE 代表メッセージ

採用情報INDEXに戻る

クレアテックは技術者同士が切磋琢磨し、成長していく集団です。

株式会社 クレアテック

代表取締役 大瀧 健

社員一人ひとりを大事にし、数値解析のプロへ育てる

クレアテックはもともと技術屋が作った会社です。気の利いた営業トークは苦手ですが、技術的なことに関してはとても真面目です。これまで多くのお客様と関わる中で経験を積み、技術的なノウハウを蓄積しつつ成長してきました。社員は皆、いまだに成長過程であり、日々勉強しながらお互いに刺激し合っています。専門分野や年齢に関わらず何でも気軽に聞ける風通しの良さと自由な雰囲気のもと、一人ひとりが自発的、積極的に仕事に取り組んでいます。

クレアテックの主な業務は数値解析ですが、大部分の社員は最初から数値解析の専門家だったわけではありません。数値解析にもステップがあり、まずはできること、興味があることから徐々に取り組むことができます。無理せず、少しずつ守備範囲を広げていけばよいのです。気づくといつの間にかその道のプロになっています。はじめは高度な専門知識がなくとも心配いりません。クレアテックは一人ひとりを大事に育てていきます。

また今後は、社員が楽しみながら技術向上に取り組めるような仕組みを作ろうと考えています。その一つが、社内で使用しているソフトウェアやツールを分野別、難易度別に“見える化”したマップです。自分の現在の技術レベルや立ち位置が一目でわかり、挑戦したい分野や課題に向けてどうステップアップしていけばよいのかが理解しやすくなります。将来的には、特定分野のマイスター制度の導入も検討しており、ゲーム感覚で技術力向上を実感できると考えています。

もちろん業務は数値解析だけではありません。社員には、業務効率化の工夫をしたり、プログラム開発や教育事業、セミナーイベント企画など、新たな事業分野を開拓することなども視野に入れて活躍してほしいと思っています。

好奇心や想像力を持って現場を第一に考える技術者へ

私自身が技術者として大切にしてきたことは、一つは「社会貢献」ということ。そしてもう一つは、「実現象に照らして現場の役に立つこと」です。その原点は、私が学生だったとき、就職担当の先生から聞いた「土木は現場が命だ」という言葉です。その言葉は深く記憶に残り、今でも建設コンサルタントとして設計や数値解析に携わりながら、常に現場のことを第一に考えています。社員にも常に現場のこと、そして実際にどういう現象が起こっているのかを考えて仕事をするように伝えています。

コンピュータの性能や解析ソフトウェアの機能が向上し、どんなに高度な解析ができるようになっても、それが実現象とかけ離れていては役に立ちません。解析結果を見たときに、このような現象が実際に起こるのかどうか、それを直感的に判断できるかが重要なのです。もちろん経験によるところも大きいのですが、ふだんから現場に興味を持って鋭く観察すること、そして想像力豊かに世の中を見ることによっても培われるものと考えています。

クレアテックに専属の営業マンはおりません。技術者一人ひとりの仕事、個々の報告書が営業マンの役割を果たすことで、リピーターや紹介につながります。好奇心旺盛で自分を高めようとする意欲のある人や、自分の技術力で人の役に立ちたいと思っている人にとって、とてもやりがいのあるフィールドです。社員同士、あるいはお客様と一緒に刺激し合うことで成長し、その過程を楽しむことができる人。そんな方にぜひ仲間に加わっていただきたいと思います。

採用情報